特集 第4回 生駒 芳子 さん 「ファッションは毎日のサプリメント! おしゃれで人間力を高めよう」

ikom-re-hd.jpg

―生駒さんと坂本これくしょんとの出会いはフェンディ(FENDI)と坂本これくしょんとのコラボレーションを橋渡ししていただいたことにはじまります。このFENDIのバッグ、坂本これくしょんの誇れる仕事となりました。

2012年

FENDIのバッグ 2012年

生駒さん――― これは、東北支援の一環で始まったプロジェクトですが、漆のクオリティのすばらしさを実感しました。スペシャルなバックルができたと思っています。フェンディと坂本のクリエーションからかつてないすばらしいバッグが生まれました。

―生駒さんはファッションのプロ中のプロでいらっしゃいます。どんなお仕事をされてきたかお聞きかせください。

生駒さん――― ファッション雑誌の編集を手がけてきました。パリコレクション、ミラノコレクションを取材して、ファッションの動向を伝えるという仕事です。VOGUEやELLEで副編集長を、マリクレールでは編集長を務めました。

―ELLE!大好きな雑誌でした。

生駒さん――― 今は、フリーで記事を書いたり、プロジェクトを立ち上げたりしています。最近はクールJAPAN のプロジェクト(経済産業省プロジェクト)にも携わっています。

―日本発信のプロジェクトですか?

生駒さん――― そうです。世界の中の日本の役割を考えていきたいと思っています。
 日本の文化は、自然と共生していける文化です。この文化力によって、人の社会が、全世界が豊かになることを証明する、それがクールJAPANの理念かしら。
 そもそも私はモノにはみな物語があり、役割のあるモノに出会いたいと常に思っています。日本の技術をいかしたモノは丁寧で繊細。それは日本の宝であり、感動すら覚えます。技術は確実に、伝承されていくべきです。そんな新しい発信を応援したいと思ってWAOというプロジェクトを立ち上げました。これからの展開が楽しみな仕事です。

―素敵ですね。そして、コラボレーションの橋渡しの仕事も多くされています。生駒さん――― 人と人とを結びつける縁結びの仕事です(笑)。雑誌の編集をしていた頃の人脈をいかして脳内には人脈マップができあがっている。その中で見事にマッチングする組み合わせを見つけるのが、私の仕事であり、喜びでもあります。例えばフェラガモ×草間彌生さん、アニエスb.×蜷川実花さんなど。海外ブランドと日本の技術とのコラボレーションは、つねに頭にいれて仕事をしています。特に伝統×クリエイターのコラボレーションを考えるのはとても楽しい。人間力が生きてくる仕事です。
ーその中で坂本理恵もフェンディとのコラボレーションの候補に挙げていただいたのですね。ありがとうございます。

―いつも素敵な生駒さんですが、どんな子供時代を過ごされたんですか?子供の頃からファッションがお好きでしたか?

生駒さん――― 子供の頃は、10歳にしてオズモンド・ブラザース、ダニー・オズモンド、10代でエルトン・ジョン、T・レックスが大好きなロック少女でした。その延長で英語に興味を持って。海外ファッション雑誌のVOGUEやELLEも読んでいました。なんとなくかっこいいと思っていたことから、ファッションへの興味が芽生えました。

―ロック少女ですか!

生駒さん――― そう、THEロック少女(笑)。英語が好きだったので、外語大を出て、編集の仕事につきました。2年ほどでフリーに。誘われてマガジンハウスのan-anで働くようになったのです。an-an時代に初めて自費でパリコレを取材し、本当に感動しました。やはり何事も、実際にみなければ始まりません。パリではISSEYMIYAKEやコム・デ・ギャルソンが日本の代表として世界的に認められている。パリで日本人デザイナーの服をみると、クリーンで前衛的で、欧米のファッションとは異なる個性を持っている。そこで強く日本のファッションってすごいと思えるようになったんです。

― 海外で日本を感じるのは大切ですよね。

― 海外で日本を感じるのは大切ですよね。生駒さん――― そこから、日本版VOGUEの創刊にたずさわったり、マリクレールの仕事をしたり、ファッションまっしぐらな日々です。ファッションは毎日のサプリメント。昨日までのいやな自分を脱ぎ捨て今日の新しい自分を着る。そんな信念でファッションを眺めています。
―今日は、そんなファッションのプロの生駒さんに人生でぐっときたアイテムをお持ちいただいています。このスカルのリングはパンクですね。生駒さん――― そうでしょ。裏原宿の若いデザイナ ーの指輪です。そしてこの金の指輪、実は母のコレクションを借りたものなのよ...。

―お母様の!とってもモダンな方ですね。

生駒さん――― 父から母への旅先や出張のお土産はいつも指輪でした。中東やエジプトやヨーロッパやら。宝石箱には世界中のリングがある。とっても素敵な、父から母への贈り物です。

―生駒さんは、モノには必ず思いが込められているといつもおっしゃっています。このリングがまさにそうなのですね。

生駒さん――― モノにこめられる思いとしては、このプルタブバッグもそうですね。これはフェアトレードの品です。ヨーロッパ人がデザインして、ブラジル人が作って。バッグとしてカワイイことはもちろん、Upサイクリングで価値のないものから付加価値を生み出している。まさに私の価値観を変えてくれたアイテムです。みんなでHappyになろうという思いが伝わってくる。このバッグは私におしゃれって何だろう、ラグジュアリーって何だろうと問いかけてくれる。

―生駒さんのお仕事は、エシカル(倫理的。転じて環境保全や社会貢献の意)を常に意識されておられます。このプルタブバッグは生駒さんの考え方を表しているのかもしれませんね。いつからエシカルを意識されはじめたのですか?

プルタブバッグ。価値観を変えた大切な一品。

プルタブバッグ。価値観を変えた大切な一品。

生駒さん――― マリクレールの編集長をやっているときかしら?当時この雑誌ではファッションだけでなく、社会的な問題も頻繁に特集していました。女性の社会進出や社会貢献やエコロジーについてね。私は、悪いことではなく良いことを人に伝えるのがメディアの使命だと思っています。批判も大切ですが、一方で社会をよりよくしていく記事をかくことも大切だと常に思っています。そんな記事をまとめているうちに、これからの社会は自分だけがHappyではいけないと感じるようになりました。誰もがwin-winである関係を目指したいと思ったのです。これが私の信念ですね。人は尊厳を持って生きなければいけない。人は人の為に何かできると思っています。

―なるほど。生駒さんはきっと人間という存在にとてもご興味があるんですね。

生駒さん――― そうです。私は人が大好き、好奇心いっぱいです。だからこそ色々な人と出会えるこの仕事が大好きです。仕事が私を助けてくれることも多くあります。

生駒さん――― そもそも日本人は、もともとエシカルな国民です。日本人の民度は世界一だと思う。だから互助作用も生まれたし、そんな中で洗練されてきた日本の伝統産業はもっともっと光を浴びるべきと思っています。 ―そんな中で坂本これくしょんを見つけてくださった。生駒さんが、坂本これくしょんの鍵とお考えになる作品をお持ちしました。これが生駒さんにとっての坂本これくしょんなんですね。
生駒さん――― この漆のネックレス(ネックレス連)をみたときは衝撃でした。
おしゃれだし、ポップだし。漆の認識が変わりました。伝統産業の中にモードを感
じたのです。そしてこのブローチ花折れ。漆のクオリティのすばらしさを感じます。
和でも洋でもないアレンジがすばらしい。柿渋のコードに漆も、シックではっとさ
せられます。
―そしてキーとなる作品に、マドマドこれくしょんも。

生駒さん――― マドマドこれくしょんはいまだかつてないファンタジーの世界を具現化しています。普通、ファンタジーというともっと軽い印象。でもマドマドこれくしょんは、伝統に根ざした世界×ファンタジー×アート観がぴったりとかみ合っている。軽やかだけどどっしりしている、しかもファンタジーなのに用途が見える、その中でもお家ポーチは、バッグの中にお家がある。なんともいままでにない素敵な発想です。21世紀なエシカルファッションじゃないかしらね。そして何よりも地球を救うファンタジー、人を癒してくれると思うのです。
―人を癒せる作品作り、究極のエシカルですね。坂本まどかもいつも生駒さんの言葉に奮起して作品を作っているようです。
―今日は本当に元気になるお話をありがとうございました。最後になりましたが、メッセージをお願いいたします。
生駒さん――― 実は、今、日本人のファッションはとても成熟しています。80年代,an-anでおしゃれスナップをしていた頃は、本当にストリートスナップには失敗例がたくさんありました(笑)。でも、30年たった今、世界中からデザ
イナーがストリートチェックにくるようになっている。もっと自信をもっていいと思う。ただ、気をつけなければいけないのは、いまだ、集団主義が強い点です。①人目を気にせずにいろいろなスタイルにチャレンジする②マイスタイルを作る、そのためには③色遊び、素材遊びをする。そんなことを意識しながら頭をやわらかくおしゃれにチャレンジしてほしいと思っています。人間、おしゃれに卒業はないのです。特に 生駒さんの好きなこと「ホットするとき。」いつもテーマを決めて洋服を着ていらっしゃる生駒さん。最近のアクセサリー使いのメインテーマは、エジプシャン×ロックだそう。「今日は<宇宙と和の出会い>かしらね。」とのこと!素敵です!



【坂本これくしょん特集 第1回】「労をいとわず生きる」今回、お話を聞かせていただくのは、株式会社TWIN代表・山田節子企画室主催 山田節子さんです。山田さんは、銀座松屋 【坂本これくしょん特集 第2回】「案ずるよりも生むが易し」今回、お話を聞かせていただくのは、銀座にある「ギャラリー厨子屋」店長・鈴木由美子さんです。 【坂本これくしょん特集 母の日】特集 「母から娘へ伝えたいこと」お話を聞かせていいただくのは、元客室乗務員小林頼子さんとお嬢様の松井磨依さんです。 【坂本これくしょん特集 第5回】「日本の工芸を世界へ届けたい!」深井桂子さんと坂本理恵は、10数年前、深井さんがその当時お住まいだったボストンにギャラリーをOPENされたとき以来のお付き合いです。2003 年米国ボストンにKEIKO Gallery 開廊。2012 年日本に永住帰国のためKEIKO Gallery 閉廊。2013 年日本に永住帰国し、Keiko Art Internationalを設立。オンラインで日本の現代工芸、アートを海外に向け紹介、販売。ショートムービーも制作し、作家プロモーションを行っている。また、作家の海外での活躍の場を探し、展覧会やプログラムを計画、実行。 特集第6回「着物革命 ~洋服感覚で楽しむ着物~」浅田みゆきさん 1986年に新装大橋入社 。アパレルメーカーでの経験を活かし、「着て楽しい着物」をテーマに小物、バッグ、帯などを企画している。お洋服を着替えるのと同じように、着物を楽しみたいという思いを実現してこられた「新装大橋」の浅田みゆきさん。今日は、新商品の開発も兼ねて会津の坂本これくしょんにお越しいただきました。着物業界の革命、デニムという素材で開発に携わった浅田さん。坂本理恵とデニムの着物への想いなどをお聞きしたいと思います。 特集第7回「自分が身に着けたいもの、つけるだけで気分が明るくなるようなもの。それがすべてのものづくりの原点になっています。」坂本理恵 作品を見ていただいていると分かると思うんですが、私ね、大きいアクセサリーが大好きなんです。ただ、お客様とか、娘たちから「もっと小さくてかわいいものが欲しい」って言われたりして、 自分が欲しいデザインにプラスして、求められるデザインを考えるようにしています。

坂本これくしょん オンラインショップでも、安心してお買い物していただけます

坂本これくしょんの誇り 1

創業1900年、漆の老舗です

明治33年の創業以来、株式会社坂本乙造商店は一貫して漆の精製とその加工とに携わってまいりました。
現在では漆とそれを取り巻くさまざまな伝統技術を活かし、新しい価値を生み出すことをめざします。

坂本これくしょんの自信 1

安心の純日本製 国内自社生産です

当社の作品はデザイン・企画から制作・販売まで自社で行なっております。会津若松の小さな工房で作られる、アクセサリーやバッグは、めまぐるしく変化するモードの世界において、漆の普遍的な美しさを表現し続けています。

坂本これくしょんのお約束 1

一定額以上お買い物で、送料無料・代引き手数料無料

①オ ン ラ イ ンで ご注文●支払い方法がクレジッ トで ご注文の場合ー10,800円以上のお買い物で送料無料②オ ン ラ イ ンで ご注文●支払い方法が代引き ・ コレク トの場合ー10,800 円以上のお買い物で送料無料 代引き手数料無料③電話にてご注文●支払い方法が代引き ・ コレク トの場合も10,800 円以上のお買い物で送料無料 代引き手数料無料

坂本これくしょんの誇り 2

「伝統を現代に活かす」

漆は「伝統の中でひっそりと生き続ける素材」としてではなく、「感性が生んだデザインに、日本のアイデンティティを付与する新素材」とし、「伝統を現代に活かす」を企業理念として、皆様に喜んでいただけるもの作りに勤めます。

坂本これくしょんの自信 2

品質に自信があります

坂本これくしょんの作品は当社の制作スタッフにより、各工程毎に手仕事で一つ一つ丁寧に制作しています。
今後も、皆様に安心してお買い求めいただけるよう常に品質管理に勤めます。

坂本これくしょんのお約束 2

皆様に喜んでいただけるサポートを目指します

漆のアクセサリーや蒔絵のバッグに関すること、その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合わせ下さい。またアフターサービスにつきましてもどうぞ御相談くださいませ。

電話:0242-25-4111
(受付は営業日朝9時~夕方5時迄)
 

オンラインショッピングについて坂本これくしょん オンラインショップを御利用される方へ

ご注文の前に

  • 作品写真はいずれも現物を撮影したものですが、一点一点が手造りの為、掲載写真と色模様、色調や形が実際のものと若干異なることがございます。あらかじめご了承くださいませ。
  • 作品のご注文・お届けは日本国内に在住のお客様に限らせていただきます。
  • お客様のイメージ違いによる返品はお受けいたしかねます。
  • 坂本これくしょん オンラインショップの作品は、会津の実店舗でも同時に販売いたしております。ご注文のタイミングによっては、お客様のご希望に沿えない事もございます。その場合には、メール又は電話にてご連絡させていただきます。ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承お願いいたします。

お届けについて

    1週間以内 注文から1週間以内に発送。1ヶ月前後 注文から1ヶ月前後に発送。2ヶ月前後 注文から2ヶ月前後に発送。
  • 当社から作品をお届けする発送予定日とお客様への作品着日につきましては 、ご注文をお受けしてからサンクスメールにてお知らせいたします。
  • 配送後のキャンセルはお受けできません。
  • お届け希望時間(2017年6月19日 配送時間帯の指定枠変更)
    ヤマト運輸にてご希望の時間が指定できます。
    ヤマト運輸にてご希望の時間が指定できます。ご希望の配達時間帯をお選びください 。午前中、14~16時、16~18時、18~20時、20~21時
    お届けする地域、祝祭日の都合などによりご指定時間を制限させていただく場合がございますのでご了承ください。
  • 天候不順・災害の影響について
    天候不順・災害の影響により配達不能および配達遅延が発生する場合がございます。影響の度合いによりましては、指定日配達及び時間帯サービスがご希望に添えない場合もございますのでご了承下さい。

お支払い方法

  • 下記の「クレジットカード」をご利用いただけます。
    ※お支払い方法は一括払い(一回払い)のみになります。
      JCB      VISA     MASTER Diners Club AMEX
    ご注文には、下記のクレジットカードを御利用いただけます。クレジットカード(MASTER/VISA/JCB/AMEX)
  • 「楽天ペイ」をご利用いただけます。
    楽天ペイ
    →詳しくは「楽天ペイをご利用いただけます」
  • 代金引換払い
    お支払いの時に現金またはカード払いが選択できます。
    ヤマト運輸の「宅急便コレクト」にてのカード払いは下記のマークがついているカードはお使いいただけます。
    クロネコの総合物流決済サービスはヤマトフィナンシャル。代金引換、電子マネー、クレジットなど多様な決済に対応。
  • オンラインでのご注文の場合は、一回の合計10,800円(消費税込み)以上の方は、代引き手数料無料。
  • 電話でのご注文の場合も、一回の合計が10,800円(消費税込み)以上の方は、代引き手数料無料。
  • 銀行振込(入金確認後に手配致します。振込手数料は、お客様のご負担お願いいたします)

配送料について

  • オンラインでのご注文の場合は、一回の合計10,800円(消費税込み)以上の方は、配送料無料とさせていただきます。
  • 電話でのご注文の場合も、一回の合計が10,800円(消費税込み)以上の方は、配送料無料とさせていただきます。
  • 本ショッピングシステムでは、ご注文時に上記条件を満たしているにもかかわらず、購入後最初に自動配信される【受注通知用メール】にて、配送料、代引手数料が付加されてしまうことがあります。
    後ほど弊社から送られる【注文確認メール】にて、正式なご注文金額、配送料、代引手数料をお知らせいたします。
  • その他のお客様は、下記の配送料(消費税を含む)を頂いております。    (下表をクリックすると大きな表になります。)
    配送料について(消費税を含む) ※なお、当社の都合により一括配送できない場合、お客様の負担は1回分のみとなります。

オンラインショップ営業日のご案内

  • インターネットでのご注文受付
    24時間 年中無休
  • Eメール(インターネット)でのお問合わせ受付
    24時間 年中無休
    Eメール:tenchou@eyes-japan.co.jp
  • お電話又はFAXでのお問い合わせ受付時間
    月~金:9:00 ~ 17:00
    土日祝日:休業日
    電話番号:0242-25-4111
    FAX 番号:0242-24-5156
    ※土日祝日、および営業時間外に頂きました御注文・お問合わせは翌営業日にご連絡いたします。
    ※土日祝日は、発送業務もお休みさせていただいております。
    ※尚、このページ左側メニュー「お問い合わせはお気軽に」カレンダーにてお電話受付日がご覧いただけます。

返品・交換について

  • 坂本これくしょん オンラインショップでは100%目視による検品を行っておりますが、万が一輸送などによる商品の破損の場合のみ、返品・交換をいたしております
  • 返品・交換の条件
    申し込みの商品と異なる商品が届けられた場合
    申し込みの商品と異なる数量が届けられた場合
    届けられた商品に汚れ、傷、破損等がある場合
    その他当社が相当と判断する場合
  • 次のような場合には返品をお受けできませんのでご了承ください
    お客様のイメージ違いによる返品はお受けいたしかねます。
    お客様のもとで汚れや破損の生じた商品
    お客様のもとで加工された商品
    このサイト以外でお買い上げいただいた商品
  • 返品・交換方法
    返品・交換の商品の送り先は当社担当者の確認後、7日以内に当社よりご連絡させていただいた住所にお願いします。
    お届けした商品パッケージに同梱してある「納品明細書」の余白に返品・交換理由を書き添えて、返送品と一緒にお戻し下さい。
    また、ご返送時の配送伝票控の方も、万一返品された商品が当社へ届かない場合に必要となりますので、必ず保管するようにお願いいたします。
  • 返品・交換送料について
    当社の理由による返品・交換で、お客様から当社への返送料は当社負担といたしますので、「着払い」でご返送ください。
    当社の理由による返品・交換で、当社からお客様への送料は、当社負担とさせていただきます。
  • ご返金について
    返品商品が当社へ到着後、10日以内にお客様の銀行口座にお振込み致します。振込先銀行名、支店名、口座番号、名義人(カタカナ)を記入したメモを商品に同封してお送り下さい。
  • 当社の理由によるご返金
    銀行振込手数料は当社負担といたします。

当社からメールが届かない時はお電話でご連絡ください

    坂本これくしょん オンラインショップをご利用頂いてご注文の場合、受注の流れに沿ってお客様に各メールをお送りしております。お客様がお買い物をされた後に、最初にお客様に届けられる自動配信メール【受注通知用メール】がお客様に届いたことのご確認をお願いいたしております。

    万一、お買い物・お問い合わせをされたにもかかわらず、

  • 【受注通知用メール】が配信されてない
  • お問い合わせのメールを出した後に何も連絡が無い
  • この様な場合メールエラー(登録されたメールアドレスに関係する問題)の可能性がございます。
    お手数をおかけ致しますが、当社まで電話でご連絡いただきますよう、よろしくお願い致します。

    坂本乙造商店 電話番号:0242-25-4111

特定商取引法に基づく表示事項

  • 販売業者:株式会社 坂本乙造商店
  • 運営責任者:坂本 まどか
  • 本社所在地:福島県会津若松市大町1-4-51
  • 郵便番号:〒965-0042
  • 電話番号:0242-25-4111
  • FAX番号:0242-24-5156
  • メールアドレス:tenchou@eyes-japan.co.jp
  • 販売URL:http://www.eyes-japan.co.jp/s-collection/
  • 会社URL:http://www.urushi-sakamoto.jp/
  • 販売価格:各商品詳細ページに表示
  • 商品引渡し時期:各商品詳細ページに表示
  • 商品以外にご負担頂く費用:送料
  • 配送料:別項参照
  • 代金の支払い時期及び方法:別項参照




アクセサリー検索
キーワード
ブランド
アクセサリー
カラー
色系
価格帯
納期
バッグ・コード検索
ブランド
バッグ
コード
オンラインショップ・お問合せ



オンラインショップの営業日

会津若松市大町通りの実店舗は年末年始以外は営業しておりますが、オンラインショップ営業日以外のお電話は繋がりませんのであらかじめご了承ください。
sakamoto_collection • tripadvisor 会津の小さなお店 坂本これくしょん (会津若松市) 世界最大級の旅行クチコミサービストリップアドバイザーでチェック!世界中の旅行者からトリップアドバイザーに寄せられた1億件以上の口コミ チェック!
sakamoto_collection • Instagram 会津の小さなお店「坂本これくしょん」 「写真」を撮影・シェアできるSNSサービス

product catalog 20170201 30周年をむかえて、坂本これくしょんの商品カタログを作成しました。30年前のスタートから今まで「つねに自分が身につけたいもの」を心に思い描いてコレクションを作り続けてきました。今後も皆様の毎日を輝かせることができるような、明るくて楽しいコレクションが生まれますよう未来につなげていければと思っております。